フランスワイン初心者必見!ブルゴーニュ・ボルドー以外の銘醸地

フランスにはブルゴーニュ・ボルドー以外にも銘醸地がたくさん

フランスワインと言えば、その産地の名前を取ってブルゴーニュワインボルドーワインなどが有名ですよね。

ですが、それ以外の地方で作られたワインを軽んじて良いのかというと、全くそんなことはありません。
フランスはワイン誕生の地。

フランスでは多くの地方で様々な美味しいワインが造られています。

今回はフランスワイン初心者の方必見。有名どころであるブルゴーニュ・ボルドー以外のワインがどのような特徴を持っているのかご覧ください!

ロワール

ロワール地方はフランスの中でも広大な土地面積を持つ地方で、フランス最長の川であるロワール川流域一帯のことを指します。

ブドウ畑と古城が点在するロワール地方は、その美しい風景から「フランスの庭」とも呼ばれており、その景観はユネスコ世界遺産としても指定されています。

その警官はもちろん、広大な土地を活かして様々な種類のブドウが栽培されており、赤・白・ロゼ問わず様々なワインが造られています。

白はさっぱり、赤はまろやかな風味が特徴的で、フルーティで軽い口当たりがロワールワインの特徴です。

特に最近人気が高いのがロワール地方のオーガニックワイン。
ロワール地方はワインの生産の歴史も古く、ワインを造るのに適した気候にあることから、ロワール地方のオーガニックワインは高品質な自然派ワインとしておすすめです。

ローヌ

ローヌ地方は南フランス、ローヌ川流域のことを指します。

古代ローマの時代からワイン造りをしている歴史ある生産地で、フランスワインの中でもトップクラスの規模を誇る生産量。

ローヌ地方のワインは、同じ地方の中でも北部と南部で特徴が異なります。

北部ローヌワインは柔らかい味わいから重厚感のある味わいのワインまで様々。
特にシラーという単一品種で造られたワインが人気です。

白ワインは生産量が少ないながらその香りの高さから非常に人気が高いシャトー・グリエが有名です。

その味わいの高さ、貴重価値の高さからシャトー・グリエはフランス5大ワインのひとつとしても知られています。

一方で南部ローヌワインは標高が高い地域にあり、特に湿度・気候からブドウの栽培に適した条件が揃っていることから、重厚感があり飲みやすい赤ワインが多く生産されています。

そのことからリーズナブルなワインが数多く生産されており、飲みやすく格安な赤ワインが飲みたい方には南部ローヌワインがおすすめですね。

アルザス

アルザス地方はフランス東部に位置し、そこに流れるライン川を挟めばドイツに繋がります。

過去にはドイツ領だった歴史もあり、フランスワインの中でも特にドイツに影響を受けている部分が多く、すっきりとした味わいのドイツワインの特徴を持つ銘柄が多いです。

ですが、現在ではフランスワインらしい醸造方法や栽培方法を取り入れる造り手が増えており、特にフルーティで濃厚な甘口ワインの一大産地になりつつあります。

ブドウそのものの糖度の高さはもちろん、その甘さを活かした貴腐ワインも有名です。

甘口と言ってもその味わいはとても上品で甘ったるくないことから、万人ウケするワインですね。

また、アルザスワインはすっきりとした甘さのあるワインを多く生産していた歴史があることから、その風味と相性の良いスパークリングワインも人気です。
甘くてごくごく飲めるスパークリングワインが好きな方は、ぜひアルザスの本格派甘口ワインを選んでみてくださいね。

オーベルニュ

オーベルニュ地方はフランスの中央部にあり、広大なブドウ畑から火山、美しい山並みから観光地としても有名ですね。

実は日本でも有名なミネラルウォーター「ボルヴィック」は、ミネラルウォーターの水源に近いオーベルニュ地方のボルヴィック村が名前の由来にもなっているんですよ。

そのことから、オーベルニュ地方のワインは豊かなミネラルウォーターを使った有機栽培が古くから造られており、リーズナブルなワインが多く生産されています。

赤はピノ・ノワールをはじめとした品種が栽培されており、その風味はまろやかで飲みやすいのが特徴です。フルーティな風味があり飲みごたえ抜群です。

一方で白ワインは定番のシャルドネワインが人気で、同じくフルーティな甘酸っぱさが特徴です。

甘みと香りが豊かなワインが多いですが、アルコール度数が高いのでゴクゴク飲んでしまうとすぐに酔っ払ってしまうので注意しましょう。

ジュラ

ジュラ地方は「ジュラ紀」の由来にもなっています。

特にジュラ地方で独自に栽培されているのが黒ブドウのプールサールと、白ブドウのサヴァニャンで、これらの品種は他の地方ではあまり見られません。

加えて黒ブドウではピノ・ノワールなどの有名どころの品種も栽培されているので、ジュラワインならではの繊細で上品な風味なワインが人気です。

また、ジュラワインの甘みはブドウの品種によるものだけではなく、独自の醸造方法も甘みの要因になっています。

そのジュラワイン独自の製法が、藁の上で乾燥させて糖度を上げたブドウを使ってワインを造るというものです。

その独自製法は「藁ワイン」とも呼ばれていて、特に深みのある甘さがあり、飲みやすいという特徴があります。

ジュラワインを味わう時は、特に自然な甘みが引き立つ藁ワインは必見ですね。

まとめ

フランスワインの銘醸地別の特徴についてまとめます。

フランスの銘醸地別の特徴
  1. ロワール:まろやかで飲みやすいワインが多く、特にオーガニックワイン好き必見
  2. ローヌ:香り高い高級ワインからリーズナブルなワインまで幅広く生産している
  3. アルザス:ドイツワインの影響も受けた上品な甘口ワイン・スパークリングが人気
  4. オーベルニュ:有機栽培ブドウで造られた甘口で香り高いワインが多い
  5. ジュラ:ジュラ独特の製法である藁ワインは甘みが強く、独特の深みがある

以上のように、一言でフランスワインと言ってもその風味や製法には様々な違いがあります。

この他にも、フランスワインの代表格でもあるブルゴーニュワインやボルドーワインにも独特の特徴があります。

フランスワインの中でも好みのワインを見つけるために、これらの地方ごとの特徴も参考にしてみてくださいね。