赤ワイン・白ワインにそれぞれ合う料理は?マリアージュの法則を解説

赤ワイン・白ワインに合う料理には法則がある

ワインと食事のマリアージュ、その言葉の響きを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

これは決して大げさな食レポ表現ではなく、実際にワイン評論家の間でも使われている専門用語のひとつなんです。
「マリアージュ」とはフランス語で「結婚」。

つまり、ワインと料理がまるで結婚したカップルのようにお互いを引き立てあい、美味しく堪能することができるという意味なんです。

実はそのマリアージュには法則があり、これらの法則を押さえることで、その食事に合ったワインを誰でも簡単に選ぶことができるんです。

ここでは、食事にマリアージュするワインを選ぶ際の法則について、3つご覧ください!

これらを押さえるだけで、料理もワインもずっと美味しく感じられるようになりますよ。

①ワインの色と食材の色を合わせる

ワインには赤ワイン・白ワイン、そしてロゼが存在します。
これらのワインの色と食材の色を合わせることがまず鉄則とされています。

よく赤ワインは肉料理に、白ワインは魚介料理に合うと言われていますが、厳密に言うと、これらには例外があります。

また、同じ赤・白で合っても、そのブドウの品種や醸造方法から色の濃淡に少しずつ違いがありますよね。

その「色を合わせる」と言う点に注目して食材とワインの相性をまとめました。

memo

・クリームシチュー:濃厚な黄色系の白ワイン
・ジェノベーゼパスタ:あっさり系のミントカラーの白ワイン
・白身魚のトマト煮込み:甘酸っぱさのあるロゼ
・ローストビーフ:あっさり系の透明感のある赤ワイン
・ビーフシチュー:重厚感のある濃い赤ワイン

これらはあくまで一例で、これらの料理も調理法によっては別のワインの方が相性が良い場合もあります。
ですが、色の系統を合わせるだけでもずっとマリアージュしやすくなります。

ただ赤・白・ロゼでワインを選ぶのではなく、これらの色の濃淡についても注目してみてくださいね。

②ワインと料理の産地を合わせる

世界中には様々な国があり、その国ごとに食文化も異なります。
多くのワインは、それらの食文化に合わせた味わいのものが多く、現地の方は郷土料理と地元のワインを合わせる、という食べ方をしてきた歴史があります。

なのでイタリアンに合わせるにはイタリアワインを。
フレンチに合わせるにはフランスワインを、など定番の料理には、その国のワインを合わせるのが相性が良いですし、粋ですよね。

もちろん、和食に合わせる場合は日本で作られた国産ワインがおすすめです。

繊細な味の和食に、同じく繊細で上品な味わいの日本ワインは相性抜群!

また、フランスやイタリアなど、有名どころのワインの場合は、その地方ごとの郷土料理やワインに注目するとよりマリアージュするワインを見つけられますよ。

③ワインと料理の味の傾向を合わせる

味の傾向を合わせるとは、つまり香りや風味の似ているものを合わせると言うことです。

例えば、辛口ワインに多いスパイシーな味わいのワインは、同じくスパイシーな料理に合います。

また、フルーツ系の香りが強いものは同じくフルーツを使ったスイーツと合わせるのもおすすめです。
一般的に人気の高い組み合わせについてご覧ください。

memo

・フィレ肉のきのこソース仕立て:キノコやトリュフの香りの強いブルゴーニュワイン
・白身魚のレモン風味のムニエル:レモン・ハーブの香りが強いソーヴィニヨン
・ジューシーなソーセージグリル:濃厚で脂の旨味があるボジョレー
・ミックスベリーのタルト:ベリー系の風味の強いピノ・ノワール系ワイン

これらもあくまで一例です。
ですが、ワインにはそれぞれに風味や味が異なるものが多いです。

その風味を参考にして、共通する味の料理を合わせると、料理とワインのマリアージュをより堪能することができます。

この他にもマリアージュの法則は様々あり、愛好家の中には、あえて方向性が真逆のワインを合わせてバランスを取る方もいらっしゃいます。
ですが、まずは基本を押さえることが大切です!

食事とワインを美味しくマリアージュさせるため、これらの法則を押さえたワイン選びを心掛けてみてくださいね。