ワインの生産量は世界一!イタリアワインの特徴

ワインの生産量は世界一位のイタリア

ワイン造りの歴史が古く、そして今現在もワイン造りが盛んな国であるイタリア。

イタリアの地形はブドウの栽培やワイン造りにも適していることから、現在では様々なワインが造られており、現在ワインの生産量では世界1位を誇る国でもあります!

地域によってその味わいは多彩で、そして世界中に輸出されています。
日本でもイタリアワインは非常に手軽に入手することができますよね!

リーズナブルなものから高級なものまで様々存在するのがイタリアワインの特徴です。
また、その生産量の多さから、イタリアではミネラルウォーターよりもワインの方が安く手に入るとも言われているんです。

イタリアの食文化とも密接に繋がっているワインは、まさに国民的飲料であることがわかります。

イタリアワインの特徴

地中海性気候の国であるイタリア。

この地中海性気候は、ワイン造りに非常に適した気候・土壌を持つ国であることから、ワイン造りの歴史が始まりました。

その歴史は古く、紀元前2000年、つまり今からおよそ4000年前にも遡るんです。

過去から現在まで、ワイン造りのために様々な品種のブドウが栽培されており、美味しいワインを造るために適したブドウの品種改良に余念がありません。

そのことから現在ではイタリア固有の品種が2000種類以上も存在すると言われています。

これらのブドウを単一品種で使用したり、複数種類ブレンドさせることで様々な個性を持つワインを造られていることから、その味の種類は様々。

特にイタリアでは日常的に愛飲する方も多く、日本で言うところのさながらお茶のような位置付けですね。
もちろんリーズナブルなワインだからと侮ってはいけません。

リーズナブルなイタリアワインはとても飲みやすく、まさにイタリアンとぴったりな味。

特に多く栽培されている白ブドウ品種のトレビアーノ、黒ブドウ品種のサンジョベーゼを使用したワインはイタリアでは非常に一般的。

フルーティなコクと酸味があり、日本人のワイン初心者にとっても非常に飲みやすいワインが多いんです。

代表的な産地

以上のように、イタリアワインにはその歴史と密接した特徴があります。

では、ワイン選びの際に注目したいその代表的な産地と、特徴についても合わせてご覧ください。

イタリアは細長い国の形をしていることから、イタリアの中でもその地域によって味に様々な変化が生まれます。

その中でも特にイタリアワインの銘醸地と呼ばれている場所について、その特徴やワインの風味について知っていってくださいね。

ピエモンテ

ピエモンテ、名前くらいはなんとなく知っている方も多いのではないでしょうか。

ピエモンテはイタリア北西部の州で、高級ワインが数多く排出されている地方でもあります。

イタリアワインの王様と呼ばれている「バローロ」もピエモンテワインのひとつ。

ピエモンテのワインは、ブドウ栽培はもちろん、数ある品種をどう組み合わせ、どう造るかが味の決め手となってくるので、特に造り手の技量が試されます。

そのことから美味しいワインは造り手の名前を一躍有名にするという風潮もあり、ピエモンテには優秀な造り手が多く集まっています。

味わい深く、フルーツの濃厚な味わいが素晴らしいワインが多いので、特に赤ワインが注目されがちですが、もちろん美味しい白ワインも数多く造られています。

なので、美味しい高級ワインを選びたい方は、ぜひイタリアの中でもピエモンテの名のある造り手のワインを選んでみてくださいね。

バローロ、バルバレスコ、アスティ・スプマンテ。
それから、リーズナブルなものではアルド・コンテルノ、ギャジャも有名な造り手です。

他にも様々な造り手がいらっしゃいますが、参考程度に覚えておくと美味しいワインを選ぶ目安となります。

ヴェネト

イタリア・ヴェネト州は「ワイン王国」とまで呼ばれているほどワインの生産が盛んな地域です。

ヴェネトは特にイタリアの中でも自然豊かな地域で、高級ワインから国内外でも人気のテーブルワインまで、多彩なワインが造られています。

その生産量はイタリアの中でもトップクラス。

特に人気が高いのが、プロセッコという白のスパークリングワインです。

プロセッコは爽やかな舌触りと繊細でフルーティな甘みと香りが特徴で、非常に飲みやすいスパークリングとして知られています。

ヴェネトワインはフルーツの甘みをしっかりと閉じ込めた香り高いワインが特徴的です。

女性やワイン初心者でも飲みやすいワインが多く、すっきり甘口なワインが好きな方はヴェネト州のワインがおすすめです。

トスカーナ

トスカーナ州はイタリア西部のティレニア海沿岸部にあります。
州都は花の都と呼ばれるフィレンツェであることから、日本からの観光客も数多く訪れる州でもありますね。

トスカーナワインの特徴は、辛口でさっぱり飲むことができる赤ワインが多いところです。

特に、コクがあり上品な味わいの赤ワインはとても高品質で、国内外で高く評価されているワインが多数。

すっきりカジュアルに飲むことができるテーブルワインはもちろん、長期熟成に向いているワインも多いことから、ヴィンテージワインが人気な産地でもあります。

特に日本でも有名なものだとキャンティがありますね。

リーズナブルなものから高級なものまで数多くあり、日本でも比較的入手しやすいです。

特に赤ワイン好きであれば一度は飲んでおきたいのがトスカーナの赤ワインです。

まとめ

イタリアのワインの銘醸地別の特徴についてまとめます。

イタリアワインの銘醸地別の特徴
  1. ピエモンテ:高級ワインの銘醸地。風味は作り手により大きく異なる
  2. ヴェネト:すっきりフルーティなワインが多く、甘口が好きな方にもおすすめ
  3. トスカーナ:辛口の赤は必見。さっぱりから濃厚なものまで種類も様々

以上のように、イタリアワインはその豊かな気候からワインの一大産地になっています。

好みのイタリアワインを探すために、ぜひこれらの産地別の特徴についても参考にしてみてください。

イタリア旅行に行くときはもちろん、日本でも入手しやすいイタリアワインは多彩な風味が魅力。

お気に入りの産地や造り手を見つけるのも、好みのイタリアワインを見つける上で非常に重要です。